2020.06.09お役立ち情報

産業用ロボットの種類と使用されているロボットケーブルについて

Pocket

使用されているロボットケーブル

産業用ロボットは関節の数や動きによっていくつかの種類があります。

産業用ロボットの種類と、ロボットに使われるケーブルについて簡単にご紹介します。

 

産業用ロボットの種類

垂直多関節ロボット(ロボットアーム)

人間の腕のような形をした産業用ロボットがロボットアームです。

制御が複雑ですが汎用性が非常に高いため、塗装や搬送などの様々な多くの用途で使われています。

 

水平多関節ロボット(スカラロボット)

アームが水平方向に作動する産業用ロボットです。

アーム先端の上下運動による押し込み動作を得意とし、部品の挿入・ネジを締めるなどの製品の組み立て、精密機械の搬送といった目的で使われます。

 

直交ロボット

直角に組み合わされた軸を直線的に移動するロボットです。

直線的な移動のみで複雑な作業はできませんが、構造がシンプルであることから、機械設計の自由度が高い、精度が高くなる、制御が簡単、安価になるといった傾向にあります。

制御が簡単な直交ロボットと、複雑な動きができる垂直多関節ロボットを組み合わせてラインの自動化を実現するケースが多々見られます。

 

パラレルリンクロボット

関節が並列(パラレル)に配置されたロボットです。

複数のアームがあり、各関節が先端部の位置を直接制御します。

高速に動けるという特徴があり、食品の整列や選定などに利用されています。

可動範囲がやや狭く、また重量のある物には扱えません。

 

双腕ロボット

文字通り1対の腕を持つロボットです。

他のロボットは1つの作業しか行えませんが、双腕ロボットは人が行うような複雑な動きを得意としており、複数の作業を1台で行うことができます。

また人と同じ空間で協働する目的でも用いられており、センサーを搭載して人が来た時には動作を中止するなど、人の安全を確保する機能を備えている種類もあります。

 

 

産業用ロボットに使われるロボットケーブルとは?

これらのロボットは屈曲や捻回などの複雑な動作を繰り返すため、ロボットケーブルにも負荷がかかりやすくなります。

したがって使用するロボットケーブルには汎用ケーブルよりも高い耐屈曲性、耐捻回性が必要となるのです。

耐油性、耐薬品性、耐熱性・耐寒性、難燃性など過酷な環境下の使用でも耐えうるように考慮されたケーブルもあります。

また産業用ロボットの輸出入にあたり、その国・地域で使われている規格に対応することが求められます。

ロボットを構成するロボットケーブルも同様に、国内外の規格をクリアすることが必要です。

 

 

おわりに

複雑なロボットの動きに対応すべく、各メーカーは多様なロボットケーブルを開発しています。

産業用ロボット導入の際には、ロボットケーブルの特性や素材、規格も考慮に入れてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽ケーブルテック株式会社へのお問い合わせはこちら↓

WP_bnr_under
The following two tabs change content below.
太陽ケーブルテック株式会社編集部

太陽ケーブルテック株式会社編集部

ケーブル選定ご担当者様への役立つ情報を発信しています。
太陽ケーブルテック株式会社編集部

最新記事 by 太陽ケーブルテック株式会社編集部 (全て見る)