2019.05.16技術資料関連

ロボットケーブル・FAケーブルの構造について

Pocket

EXTケーブル断面図ロボットは短時間で複雑に動くために、ケーブルのねじれや断線が起きるリスクをはらんでいます。またロボットケーブルは高機能である反面、一般的なケーブルに比べると高価な傾向にあります。

機能・コスト両面で適切なケーブルを選択するためには、情報を整理し、設置場所に適した要件を導きだすことが第一です。そのためにも、ケーブルそれぞれの構造を知っておくことは大切です。今回は、ロボットケーブル・FAケーブルの構造についてご説明します。

 

ロボットケーブル・FAケーブルの基本

ロボットケーブル(FAケーブル・ロボケーブルとも)は、ロボットアームやベアなどの工場自動化機器に使われます。キャブタイヤケーブルの耐久性、耐熱性・耐油性・耐薬品性などを強化し、細かな動きや繰り返し運動へ対応したものです。

ケーブル選定の際に重要となる選定ポイントの中に、導体本数や撚り(ひねり)の構造、絶縁体があります。

 

導体本数・撚りの構造

導体は撚り方によって形状や性質が異なり、屈曲性能や耐ノイズ性能に影響します。導体の撚り方には下記のような種類があります。

 

・単線:素線1本のみの構造。

・対(対撚り):素線2本で撚ったもの。対の数によって2対、多対などと表現する。

・カッド(カッド撚り、星撚り):4本の線心と対をなす線心が正方形の対角線上に並ぶように撚り合わせたもの。

・集合撚り:複数の素線全体をひとまとめにして撚り合わせたもの。

・同心撚り:1本の素線を中心にして同心円状に撚り合わせたもの。

・複合撚り(ロープ撚り):集合撚りしたものをさらに撚り合わせたもの。

※さらに撚る方向には右撚り(S撚り)、左撚り(Z撚り)があります。

 

絶縁体に使われる素材

導体を覆う絶縁体の役割は、主に導体を保護すること、ショートを防止することです。絶縁体の素材はケーブルの動きやケーブル内部の温度にも影響するため、曲げ弾性や耐熱性といった特性を把握する必要があります。

 

<絶縁体の素材の例>

・TPE(熱可塑性エラストマー)樹脂:弾性に優れる。熱に弱いが耐熱性を高めた素材もある。

・PVC(ポリ塩化ビニル):強度、電気絶縁性などに優れ、安価。耐熱性・耐衝撃性に弱い面も。

・ETFE:熱可塑性を持つフッ素樹脂のひとつ。耐食性や加工性に特徴がある。

 

おわりに

導体の構造も絶縁体に使われる素材も日々開発が進められており、多彩なバリエーションがあります。断線が起こらないように、また断線が発生した際に速やかに対処できるよう、入念に調査のうえで適切なケーブルを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽ケーブルテック株式会社へのお問い合わせはこちら↓

WP_bnr_under
The following two tabs change content below.
太陽ケーブルテック株式会社編集部

太陽ケーブルテック株式会社編集部

ケーブル選定ご担当者様への役立つ情報を発信しています。
太陽ケーブルテック株式会社編集部

最新記事 by 太陽ケーブルテック株式会社編集部 (全て見る)