2018.10.31規格関連

UL,CSA規格について

Pocket

米国(地図)とビジネスマン日本ではJIS(日本工業規格)やPSE(電気用品安全法)といった規格が代表的ですが、海外の国々にも独自の規格が存在しており、製品輸出の際にはそれらの規格を確認することが重要です。

今回は、北米において取得が必須とされる、ULと CSAの2つの規格の概要についてご紹介します。

 

UL規格について

UL規格は、アメリカ保険業者安全試験所「UL(Underwriters Laboratories Inc.)」が策定する、電気製品、材料、部品に関する認証規格です。ULは1893年にシカゴの博覧会で起きた大火災をきっかけに発足しました。取得は任意ですが、実際にはアメリカの多くの電気製品がUL認証を取得しているため、アメリカに製品を輸出する場合は取得が必須です。

 

UL規格は発火や感電といった危険性を有する電気製品の排除を目的としています。製品は、国家認証試験機関「NRTL(National Recognized Testing Laboratories)」によって厳正に審査されます。

 

CSA規格について

CSA規格は、カナダ規格協会「CSA(Canadian Standards Association)」が策定する認証規格です。CSAは1919年に発足して以降、カナダの電気製品・医療機器などを対象とした認証業務を行っています。

 

CSA自体は政府と無関係の組織ですが、各州は電気製品の安全基準としてCSAの取得を義務付けています。したがって、CSAはカナダにおける事実上の国家規格であり、CSAを取得していることは、カナダでの電気安全性をクリアしている証明になります。

 

UL規格とCSA規格の関係

国ごとに異なる規格の認証を受けることは、企業の負担となります。そこで、互いの規格を調和させようという、相互認証協定「MRA(Mutual Recognition Agreement)」の動きが世界的に見られるようになりました。

現在、アメリカとカナダはMRAを締結し、UL規格とCSA規格の相互認証が可能です。ULによってCSA規格の認証を取得した場合はcULマークが付与されます。一方、CSAによってUL規格の適合を認められた場合は、CSA NRTLマークが付与されます。

 

おわりに

今回は、ULとCSAという規格についてご紹介しました。

取得規格は製品の販売機会を左右する重要な要素です。海外展開を視野に入れている場合、対象国の規格に注意する必要があります。アメリカ、カナダへの展開を検討している場合は、UL、CSAの適応品を選ぶことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽ケーブルテック株式会社へのお問い合わせはこちら↓

WP_bnr_under
The following two tabs change content below.
太陽ケーブルテック株式会社編集部

太陽ケーブルテック株式会社編集部

ケーブル選定ご担当者様への役立つ情報を発信しています。
太陽ケーブルテック株式会社編集部

最新記事 by 太陽ケーブルテック株式会社編集部 (全て見る)