2018.11.19規格関連

NFPA70,79について

Pocket

配線確認する男性米国では機械に使用するケーブルについて、選定基準となる規格が設けられており、米国に機械を輸出する場合はこの規格に関してよく理解しておく必要があります。今回は規格および基準を運営している「米国防火協会(NFPA)」の概要や、NFPAが発行する米国電気工事基準「NFPA70」と産業機械の電気規格「NFPA79」についてご紹介します。

 

米国防火協会(NFPA)とは?

米国防火協会(National Fire Protection Association:NFPA)は、1896年に設立された防火に関する米国の非営利組織です。当初は、スプリンクラーの規格管理を行っていましたが、現在はスプリンクラー以外にも多くの製品の防火に関する規格や基準を管理しており、その数は300以上に及びます。

 

米国の法律は、米国全土に適用される連邦法と州ごとに適用される州法によって構成されます。米国には日本の消防法に該当するような防火に関する連邦法はなく、各州が独自のルールを設けていますが、定めているのは消防用機器の基本的な仕様・基準のみで、それ以外についてはNFPAの規格や基準に準拠することになります。

 

NFPA70について

NFPA70は、NFPAが運営する米国電気工事基準です。NEC(National Electrical Code)とも呼ばれ、日本の電気設備技術基準に該当します。電気機器配線の防火・安全について規定されており、米国の各州で電気安全に関する州法として採用されている規格です。ケーブルをはじめとする、重要部品の選定基準が記載されています。

 

NFPA79について

NFPA79(Electrical Standard for Industrial Machinery)は、産業機械の電気配線に関する規格で、NFPA70の内容を補うするものです。NFPA70と同様にケーブルなど重要部品の選定基準について定められています。

 

米国で使用する産業機械の部品は、NFPA70およびNFPA79の基準に達していなければなりません。NFPA70およびNFPA79とも内容が変更されることがあるため、産業機械の製造者、輸出業者には定期的な確認が求められます。

 

おわりに

今回ご紹介したNFPA70,79は、米国の各州で採用されている規格・基準です。米国で使用される機械はこれらに準拠している必要があるため、米国へ輸出する機械を設計する際は、NFPA70,79に対応したケーブルを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽ケーブルテック株式会社へのお問い合わせはこちら↓

WP_bnr_under
The following two tabs change content below.
太陽ケーブルテック株式会社編集部

太陽ケーブルテック株式会社編集部

ケーブル選定ご担当者様への役立つ情報を発信しています。
太陽ケーブルテック株式会社編集部

最新記事 by 太陽ケーブルテック株式会社編集部 (全て見る)