2018.10.31規格関連

cULについて

Pocket

電化製品6点アメリカとカナダには、それぞれUL規格とCSA規格という電気製品の安全規格が存在しています。両国はMRA(相互認証協定)を締結しており、UL規格とCSA規格は相互認証が可能です。

今回は、カナダ規格協会(CSA)の概要と、ULでカナダの安全規格に適合した製品に付与されるcULマークについてご紹介します。

 

カナダ規格協会(CSA)とは?

カナダ規格協会(CSA:Canadian Standards Association)は、1919年に設立されたカナダの検査機関です。オンタリオ州トロントに本部があり、エドモントン、モントリオ、バンクーバー、またアメリカ、日本、中国、台湾、インドなどに事務所が設置されています。

 

CSA規格は、カナダの電気製品や医療機器などを対象とした安全規格で、カナダの全10州、および2準州ではCSAの取得が州法によって定められています。取得自体は任意ながら、カナダで電気製品を販売する場合は必須といえる規格です。

 

CSAが定める安全基準を満たしている製品にはその証明としてCSAマークの使用が認められます。CSA規格は、アメリカにおけるUL規格(アメリカ保険業者安全試験所が策定する規格)に相当する存在です。

 

cULとは

アメリカ・カナダ間ではMRA(国際相互承認)が締結されており、ULでCSA規格の認証を受けることができます。ただし、ULでカナダ向けの安全認証を受けた製品には、cULマークというCSAマークとは別のマークが付与されます。

cULマークを取得した製品は、カタログやホームページにマークを表示可能です。認証する組織およびマークの名称は異なりますが、cULマークとCSAマークは同等に扱われます。

 

cULマークとcULusマークの違いについて

cULマークはULでカナダ向けの安全認証のみを受けた場合のマークです。これに対してULでアメリカとカナダ両方の安全認証を受けた場合はcULusマークが付与されます。両国の安全基準を満たしている証明になるだけでなく、生産者にとっては1つの規格で両国の安全基準をクリアできるメリットがあります。

 

おわりに

今回は、cULマークについてご紹介しました。

輸出製品は輸出先の国の規格に適合している必要があるため、認証済部品を利用することが重要です。北米への輸出を検討されている場合は、アメリカやカナダの規格に対応した部品であることを確認するようにしましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽ケーブルテック株式会社へのお問い合わせはこちら↓

WP_bnr_under
The following two tabs change content below.
太陽ケーブルテック株式会社編集部

太陽ケーブルテック株式会社編集部

ケーブル選定ご担当者様への役立つ情報を発信しています。
太陽ケーブルテック株式会社編集部

最新記事 by 太陽ケーブルテック株式会社編集部 (全て見る)